Get Adobe Flash player
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
1 2 3 6

 

こんにちは。

今回は沖縄本島最北端の辺戸岬に昨年5月オープンした『辺戸岬観光案内所」をご紹介します。

辺戸岬観光案内所は3階建ての建物で、1階に観光案内所、2階にカフェ、3階に展望台があります。

1階の観光案内所では、沖縄本島北部の3村(大宜味村、東村、国頭村)のパネル展示による

観光スポットの紹介や辺戸岬や辺戸岬周辺の変遷など地域情報が掲示されています。

また、観光パンフレットコーナーがあり日本語と多言語に分けられ設置されていました。

株式会社南都さんが運営している2階のカフェは、フローズンドリンクやピザなどをメニューがあり、

景色を楽しみながらのんびり過ごすことが出来ます。

また3階の展望台では、目の前にある辺戸岬をはじめ周辺約270度の絶景が広がり、天気が良ければ

鹿児島県の与論島を見ることが出来ます。

辺戸岬周辺は、風や荒波の影響がある為か、群生している植物や断崖、岩がむき出しなった山など

沖縄本島の他の場所とは異なる風景を見ることが出来るため、青い海や白い砂浜といった一般的な

沖縄のイメージとは少し違った感覚で楽しむことが出来ると思います。

 

辺戸岬観光案内所

■所在地:沖縄県国頭郡国頭村辺戸973-5

■営業時間:10:00~17:30(年中無休)

■TEL:0980-43-0977

■当ホテルより車で約80分

■URL:https://hedomisaki.com/

辺戸岬観光案内所① 辺戸岬観光案内所② 辺戸岬観光案内所③ 辺戸岬観光案内所④ 辺戸岬観光案内所⑤ 辺戸岬観光案内所⑥ 辺戸岬観光案内所⑦ 辺戸岬観光案内所⑧ 辺戸岬① 辺戸岬② 辺戸岬③ 辺戸岬④ 辺戸岬⑤ 辺戸岬⑥ 辺戸岬⑦ 辺戸岬⑧

 

こんにちは。

今回は今月オープンしたばかりの新しい名護市営球場『タピックスタジアム名護』を紹介します。

タピックスタジアム名護は、1977年から40年にわたり使われてきた旧名護市営球場の老朽化に伴い、

2017年より約3年を掛けて全面改修工事が行われ誕生しました。

今年2020年は名護市の市制50周年に当たる為、記念事業の一環として、又北海道日本ハムファイターズ

の春季キャンプに合わせて2月1日のオープンとなりました(落成記念式典は1月25日に行われました)。

「タピックスタジアム名護」の「タピック」は、沖縄市に在る医療法人タピックさんが名護市と

ネーミングライツパートナー契約(5年間)を結んだ為、新しい名護市営球場にはこの愛称が

付けられています。

新しい球場の特徴としては、

①内野スタンドの屋根の広さが「沖縄セルラースタジアム那覇」に次ぐ県内2番目の大きさ

②収容人数が改修前の1.8倍

③両翼と中堅の広さがファイターズの本拠地である札幌ドームと同じ

④エレベーターや多目的トイレが設置されバリアフリー対応になっている

等が挙げられるそうです。

名護市民の憩いの場である21世紀の森公園内にある球場で、ビーチや室内練習場(あけみおSKYドーム)

多目的広場等も併設されている為、これから名護市の新しいシンボルの1つとして多くの方に愛され

活用されていくと思います。

今月は25日までファイターズのキャンプが行われていますので、新しい球場を見学してみては

如何でしょうか☆

 

【参考資料】

・沖縄県(2020):プロ野球沖縄キャンプ 攻略ガイドブック2020、p.14

 

■タピックスタジアム名護(名護市営球場)

・所在地:沖縄県名護市宮里2-1-1(21世紀の森公園内)

・グランド:両翼100m、中堅122m

・収容人数:内野スタンド5305人、外野スタンド2000人

・スコアボード:電光掲示板

・当ホテルより車で約10分

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

名護市営球場(2017年3月7日投稿)

21世紀の森ビーチで夕日鑑賞(2016年10月15日投稿)

21世紀の森公園&ビーチでお散歩はいかが?(2015年10月30日投稿)

 

こんにちは。

今回は名護市数久田(すくた)にある『轟の滝』をご紹介します。

『轟の滝』は昭和31年に沖縄県指定名勝に指定された滝で、1700年代の古い書物にも

記述されている有名な景勝地です。

昨年2018年に轟の滝周辺が整備され、車イスの方でも見学できるバリアフリー対応の

「轟の滝公園」としてオープンしました。

沖縄本島最大級の「石英斑岩(せきえいはんがん)」と呼ばれる一枚岩の側を、

高さ30メートル滝が流れている風景は素晴らしく、名護市街地から車で15分程度の

アクセスし易い場所で自然の雄大さを感じることが出来ます。

また公園内には川や遊歩道もあり、お子様から年配の方まで水遊びやハイキング等と

合わせて気軽に滝の見学を楽しむことが出来ます。

名護市へお越しの際、轟の滝公園へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか☆

 

轟の滝公園

■ 所在地:名護市数久田594

■ 営業時間:9:00~18:00

■ 入園料:大人200円、小学生~高校生100円、70歳以上100円

■ 問い合わせ:0980-43-9299(轟の滝公園管理事務所)

■ 当ホテルよりお車で約20分(無料駐車場有り)

 

 

 

 

 

こんにちは。

今回は沖縄本島北部の今帰仁村(なきじんそん)古宇利島(こうりじま)に位置する

『古宇利オーシャンタワー』のご紹介です。

 

オーシャンタワーは海抜82メートルの高さに位置し、

古宇利大橋を見下ろせるのが見どころです。

オーシャンタワーへは自動の音声ガイド付きのカートに乗り、庭園の中を

移動しながら、オーシャンビューを背景に庭園内に植えられた植物を

楽しめますよ。

カートを降りた後は、シェルミュージアムへと続きます。

そこでは、世界中から集められた1500品種の貝が1万点以上展示されているということでした。

中でもハートの形をした貝がかわいかったです。

 

シェルミュージアムを抜けるといよいよ展望タワーへ到着です!

屋内展望の2階、3階フロア、そして屋上階と、異なる高さからオーシャンビューを楽しむ事が出来ました。

太陽の光の強弱、雲の流れで変化していく海の色が魅力的で眺めていて面白かったです。

今年のゴールデンウィークのご予定に北部観光のコースとして取り入れてみてはいかがでしょうか☆

 

■当ホテルより車で約30分

■場所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利島→ (MAP)

■営業時間:9:00~18:00(最終入場は17:30)

 

 

 

 

こんにちは。

今回は沖縄本島最北端の国頭村に在る「ヤンバルクイナ展望台」を紹介します。

沖縄本島最北端の「辺戸岬」へ行く途中の宇佐浜遺跡から海沿いの道を進んで行くと

案内板があり、急勾配の坂を上がった場所に大きなヤンバルクイナの形をした展望台があります。

クチバシから足の先まで非常によく出来ていて、辺戸岬側からもよく見えます。

 

展望台内の展望スペースは、鉄格子がある為あまりお勧め出来ませんが、展望台の前方にある

ウッドデッキの展望スペースからの眺めは素晴らしいです。

左側には辺戸岬が見え、前方には薄っすらと鹿児島県の与論島の島影が見えます。

しばらくこの景色を見ていると、ここが沖縄であることを忘れてしまうような感覚になりました。

辺戸岬周辺は、建物が非常に少なく断崖絶壁の岩山や多くの植物や木々が群生している為、

昔の沖縄の風景はこんな感じだったのかな?と思いにふけってしまいました。

辺戸岬へ行く機会があれば、ヤンバルクイナ展望台に立寄ってみては如何でしょうか。

 

◆ヤンバルクイナ展望台

・所在地:沖縄県国頭郡国頭村字辺戸

・駐車場:あり(無料)

・当ホテルから車で約1時間30分

※展望台へ向かう道は一方通行で非常に細く急勾配の坂もある為、対向車に十分注意しながら

ゆっくり運転して下さい。

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

やんばるの展望スポット ~伊江島の城山(タッチュー)~ (2014年5月15日投稿)

やんばるの展望スポット ~乙羽岳森林公園~ (2013年9月14日投稿)

やんばるの展望スポット ~名護城公園~ (2013年8月11日投稿)

やんばるの展望スポット ~嵐山展望台~ (2013年7月24日投稿)

 

 

こんにちは。

今回は金武町にある「ウッカガー(金武大川)」を紹介します。

平成4年に金武町の指定文化財に指定された「ウッカガー」は金武町の並里区に在る

部落共同の井泉で、水道が普及するまでこの地域では飲料水として使われていたそうです。

※衛生上の理由から、現在ウッカガーの水はそのままでは飲めないようです。

1日に1000トンを超える水が湧き出ており、干ばつにみまわれた時も

枯れなかったらしく「長寿の泉」と言われ現在はパワースポットにもなっています。

写真撮影に行った際、水を汲みに来る地元の方もちらほら見られました。

隣には遊具や水遊びが出来る「大川児童公園」や「大川西公園」もある為、

子供づれでも楽しめるおススメの場所です。

 

■ ウッカガー(金武大川)

・所在地:金武町字金武640

・駐車場:ウッカガー専用の駐車場はありませんが、隣の大川児童公園は駐車場有り

・当ホテルより車で約40分(高速道路利用時)

 

こんにちは。

今回は、当ホテルより徒歩で5~10分の場所に在る「山入端神社(やまのは・じんじゃ)」

を紹介します。山入端神社は、名護市山入端区に在る神社で、区内で行事を行う際、

区民がまずはじめに参拝する場所として親しまれているようです。

 

神社の社前には琉球とみしろ焼で作られた珍しい黒い狛犬が置かれていました。

また、神社の横には屋根と柱だけの建物の「神アサギ」があります。

神アサギは、神を招いて祭祀を行う場所のことをいうそうで、沖縄県北部の神社でよく目にします。

山入端神社の神アサギは、もともと神社の前方にあったものを昭和の初めに神社を改築した際、

現在の神社横に移したそうです。現在の社は昭和53年竣工の建物になるようです。

 

神社の近くには公園や公民館もあり、集落内を網目状の細い道が広がっています。

当ホテルにご宿泊の際、夕方や早朝の散歩コースで山入端神社へ立ち寄ってみては如何でしょうか☆

 

◆山入端神社

・所在地:旧山入端公民館の近く

・駐車場:有り

・当ホテルより徒歩5~10分

◆参考資料:名護市史編さん室編(2003):名護市史本編9 民族Ⅲ 民俗地図

 

こんにちは。

今日は当ホテルから車で約20分の場所に在る「名護城公園」へ夕日鑑賞に行ってきました。

頂上付近は名護市街が一望でき、東シナ海に沈む美しい夕日を見ることができました。

緑に囲まれた公園内では、夕方にはセミや野鳥の鳴き声が一帯に響きわたり、

爽やかな風と綺麗な夕日共に自然の素晴らしさを肌で感じることができました。

 

◆名護城公園

■ 所在地 : 沖縄県名護市名護5511 (MAP

■ TEL : 0980-52-7434 (名護中央公園管理事務所)

■ 公園の入口までは当ホテルより車で約20分。頂上までは約25分。

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

やんばるの展望スポット ~名護城公園~ (2013年8月11日投稿)

名護城公園から見る夕日① 名護城公園から見る夕日② 名護城公園から見る夕日③

 

 

 

 

 

 

名護城公園から見る夕日④ 名護城公園から見る夕日⑤ 名護城公園から見る夕日⑥

 

こんにちは。

当ホテルから車で約10分の場所に「21世紀の森ビーチ」があります。

今日は天気がとても良かった為、散歩と夕日鑑賞をして来ました。

ビーチのある公園は非常に広く、家族連れで遊びに来ていたり、おひとり様やカップルで

のんびり海を見ていたり、近くの高校生達が部活動のランニングで来ていたりと、

たくさんの人が思い思いに過ごしています。

ここは名護市民の憩いの場ですが、リピーターの観光客の方にとっても、のんびり出来る

良い場所だと思います。

 

17時を過ぎると西の空は夕日に染まり非常に綺麗でした。

公園内の遊歩道を潮騒を聴きながら散歩しのんびり過ごすことが出来ました。

帰り際、ビーチ側の芝生広場でグループの方が「観月会」をしていました。

今夜は月も綺麗に見えるようです。

 

◆21世紀の森ビーチ

・所在地:沖縄県名護市宮里2-2-1

・駐車場:有り(無料)

・トイレ:有り

・自動販売機コーナー:有り

・当ホテルから車で約10分

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

21世紀の森公園&ビーチでお散歩はいかが?(2015年10月30日投稿)

21世紀の森ビーチ① 21世紀の森ビーチ② 21世紀の森ビーチ③ 21世紀の森ビーチ④ 21世紀の森ビーチ⑤   21世紀の森ビーチ⑧ 21世紀の森ビーチ⑨ 21世紀の森ビーチ⑩

 

 

こんにちは。

今回は名護市の「源河川(げんかがわ)」を紹介します。

源河川は、名護市の北西に在る源河地区に流れる2級河川です。

沖縄は美しい海のイメージが強いですが綺麗な川もあります。

この川は「リュウキュウアユ」の生息する透明度の非常に高い川で、休日の日中は、

家族で川遊びに来ているのを目にすることがあります。

※沖縄本島のリュウキュウアユは一度絶滅していますが、奄美大島のリュウキュウアユを

本島北部の河川に放流し復元と自然定着を目指した取り組みが行われているようです。

 

天気の良い休日は、やんばるの美しい川のせせらぎを聞きながら、のんびりと過ごしたり、

少し川に足を付けて生き物観察をするのも良い思い出になると思います。

 

◆ 源河川(げんかがわ)

・場所:源河公民館より車で数分の場所

・駐車場:なし(路上駐車になりますので、通行する車の迷惑にならないよう十分気を付けてください)

・当ホテルより車で約40分

・雨の日の翌日や台風の後は水位が増しているため、川遊びは控えてくださいね。

・ゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

羽地大川での川遊び(2015年9月17日投稿)

1 2 3 6