ホテルリゾネックス名護スタッフブログ

Get Adobe Flash player
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 20 21 22

 

当ホテルから車で5~10分の場所に『屋部の久護家』があります。

近くを流れる屋部川沿いに天ぷら屋さんがあるのですが、そこの前から細い路地を入り少し行くと久護家があります。

久護家は、名護市屋部の久護集落の中にあり、同家の屋号がそのまま集落名になったほどの旧家で、

1973年(昭和48年)に県指定有形文化財として登録されました。

フクギに囲まれた長方形の屋敷は約700坪もあるそうで、建物は木造の瓦葺き(かわらぶき)平屋(ひらや)で、

1906年(明治39年)に造られたそうです。

島瓦の屋根に乗っているシーサーがとても印象的で、庭の芝生と建物のコントラストがとてもきれいです。

久護家も含め周辺にはフクギ(防風林)で囲まれた民家も多く見られ、沖縄らしさを感じられる幻想的な場所ですので、

当ホテルにご宿泊の際は、短時間のプチドライブコースにおススメです。

 

■ 『屋部の久護家』の場所 : 名護市屋部175

こんにちは。
以前お話したイジュの花とともに今の時期に咲く花でご紹介したいものがもうひとつあります。

ぽんぽんと、丸い花をいっぱいにつけて咲く木があります。
風の吹く日にはその風に揺られ、花が落ちると道は黄色のじゅうたんのようになり、鮮やかな景色を作り出します
山に目をやれば、あちこちでブロッコリーに花がついたようにモコモコと所々で
黄色い木が目に入ってきます。
何だかわかりますか?
その正体は、「ソウシジュ」です。小さな花をいっぱいにして咲く姿がなんとも可愛らしいですよ。
漢字にすると「相思樹」と書くそうです。名前も素敵ですよね。
街路樹として植えられているところもあるので、見たことある方も多いのではないでしょうか?
今月いっぱいが見ごろのようなので、ぜひご紹介したいと思いました。
それでは写真をどうぞ☆☆☆

≪ソウシジュとは≫
マメ科の高木・広葉・常緑樹。高さ10mに達する。
フィリピン・台湾の原産。沖縄には明治の末頃に台湾から導入。
開花時期:4~5月

投稿者:フロントスタッフ

こんにちは。
梅雨に入り雨の日が続きます。
この時期になると、ヤンバル(北部地域を表す沖縄の方言)の山の中には「イジュ」という樹の花が咲きます。
5枚の白い花びらの中にたくさんの黄色の花粉。シンプルですが存在感があり、緑色の世界に色付けをしてくれます。

そんな「イジュ」の花は琉歌にもうたわれていますのでご紹介します。

~琉歌~
「伊集の木の花や あん美らさ咲きゅい わぬん伊集やとて 真白咲かな」

~歌意~
「イジュの花があんなにきれいに咲いている  私もあのイジュのように真っ白に咲きたい」

ヤンバル路をドライブしながらイジュの花も楽しんでみてはいかかでしょうか?


≪イジュとは≫

沖縄・奄美諸島に分布する木で、高さが20mにもなる常緑高木。
5~6月に直径3cm位の白い花を咲かせる。
学名:Schima liukiuensis
ツバキ科ヒメツバキ属。

投稿者:フロントスタッフ。

みなさんは、沖縄のお菓子と言えば何を思い浮かべられますか?

『サーターアンダギー』、 『黒糖』、 『紅芋パイ』、 『ブルーシールアイス』 など様々ですが、今日は 『ちんすこう』 についてお話します。

『ちんすこう』 は、15世紀頃の琉球王朝の時代から作られている伝統のあるお菓子です。名前の由来も、

■  金(高価な) ・ すこう(お菓子)

■  珍(珍しく貴重な) ・ すこう(お菓子)

という2つの説があるそうです。

小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子で、ビスケットのような食感と上品な甘さで食べ飽きない味です。

最近では、チョコレートでコーティングした 『ちんすこうショコラ (ファッションキャンディ)』 や、黒糖、紅芋、パイン、バニラ、よもぎ、ココナッツ、ピーナッツなどたくさんの種類の味を楽しめます。

その中でも人気なのは 『塩ちんすこう』 です。甘すぎず、サラサラの軽い口あたりで、当ホテルの売店でも売れ筋商品のトップ3に入っています。

沖縄へ旅行にいらした際、ご家族やお友達へのお土産に 『塩ちんすこう』 はいかがですか?

本館売店(1階) : 営業時間  7:30~21:30

東館売店(1階) : 営業時間  7:30~21:30 ※一時クローズになる時間帯有り


4月30日沖縄地方梅雨入りしました。
今年は平年より9日も早いそうです。
いつもはゴールデンウィークの時期にそろそろ梅雨入りかな?と感じるので、
今年はやはり早いようです。

この時期になると、じめじめとして少しずつ気温も上がってきますが、少し肌寒さが
続いているような気がします。
雨が続きますが、季節の移り変わりを肌で感じられる時期でもあります。
恵の雨となってくれたら嬉しいですね。

フロントスタッフ

今回は「沖縄そば」をご紹介します。
当ホテルから車で約7~8分移動した場所にある「宮里そば」。
名護球場の近く、58号線沿い付近に位置してます。

「三枚肉そば」と「ソーキそば」のシンプルなメニューですが、地元の方に昔から親しまれているそば屋さんです。
建物に宮里そばと大きく書かれた赤い文字と赤い屋根が目印です☆
この日はいつもよりお肉が多いような気がして嬉しかったです。
お好みで、紅ショウガやこーれーぐーす(唐辛子を酒につけたもの)をいれて食べます。

また、そばと一緒にご飯を食べる人もいます。人それぞれなのでご飯食べる派・食べない派に分かれますが、
少し変えて、この日は一緒にトーストを頼んでみました。そして一気に完食です。おいしかったですよ。
ほかのお店ではどうなのか分かりませんが、ここではトーストもおいてあります。ご飯の代わりに
そばとトーストを食べる人も結構いるんです。

皆さんも名護市へお越しの際は「宮里そば」探してみてくださいね。

<沖縄そばプチ情報>
ソバ粉ではなく小麦粉で作られた麺です。
そばの日・・・10月17日

こんにちは。今回は植物の「ガジュマル」をご紹介します。
名護市のガジュマルで有名なものは市街地にある樹で推定樹齢250年とも言われる大きなものが
あります。

樹齢は不明ですが、当ホテルの位置する名護市・山入端(やまのは)という地域にもガジュマルの樹が
あります。場所はホテルから徒歩で約7~8分の所です。「山入端バス停」の近くに山入端神社がありまして、そのすぐ側に「ガジュマル」が生えてます。夏には涼しい木陰を作ってくれます。

そんなガジュマルの樹はキジムナー(精霊とも妖怪とも言われる)がすみつくと言われてます。

みなさんも名護市にお越しの際は、市内でガジュマルの樹をみることができますので覚えていただけると嬉しいです。

≪ガジュマルとは≫
クワ科の常緑高木。東アジアの熱帯に分布。(日本では屋久島以南の亜熱帯・熱帯に分布)
枝を広げて茂り、枝や幹から多数の気根を下している。
学名:Ficus retusa
英名:Banyan fig,Lndian laurel

山入端にあるガジュマルの樹を写真でご紹介します。

フロントスタッフ。

好きな時間。

 去る3月27日(日)は「ホテルリゾネックス名護」プライベートビーチの海開きでした。
寒い中ご参加下さいました皆様ありがとうございました。
 まだ海風の冷たい3月ですがスタッフの制服も...一気に、かりゆしウェアに衣替えです。一足先に沖縄から夏の風をお届けできればという気持ちをこめて、寒さに負けず、がんばっていきたいと思っております。

今年も安全にビーチが利用できますよう、との思いを込め安全祈願。

沖縄県名護市 ホテルリゾネックス名護

 

本日2011年4月1日、ホテルリゾネックス名護 「東館」 がグランドオープンいたしました。

全56室が海に面したオーシャンビューの客室になっております。

 

オープンにあわせまして当ホテルホームページもリニューアルし、あわせてスタッフブログもスタートすることに

なりました。ご滞在時のお役に立てればと思っております。

3月の後半には 「プレオープン」 を実施。ご宿泊下さいましたお客様、誠にありがとうございました。

また、内覧会も開催し、多くのお客様にお越しいただきました。この場をお借りいたしましてスタッフ一同

お礼申し上げます。

 

少しではありますが、「東館」 の写真をアップいたします ☆

東館のロビーに寄せられたお花です。 ありがとうございます。そして目の前はオーシャンビュー。

晴れた日には海の色が一段ときれいですよ。今日の海の写真も合わせてご覧下さい。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

フロントスタッフ。

1 20 21 22