Get Adobe Flash player
2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

こんにちは。

早いもので8月も残すところ数日となりました。

今夏に「ホテルリゾネックス名護」で撮影した風景をギャラリーとしてご紹介します。

どうぞお楽しみ下さい☆

 

 

こんにちは。

去った8月12日に名護市の漁港で「第34回名護市長杯争奪全島職域ハーリー大会」が行われました。

名護市でのハーリー大会は県内最多の180チームが参加します。

午前中からスタートし、予選から決勝までと一日かけての大会となります。

様々な地域・職種の方々が参加する当市のハーリー大会も名護観光の一つでもあるかもしれません。

 

本来ハーリーとは海人(ウミンチュ=漁師)による豊漁や航海無事を祈願するための祭りでしたが、

近年では大衆化し誰でも参加できるイベントとなり、人々に親しまれています。

沖縄のハーリーの歴史は長く、琉球王朝時代に中国から伝来したというのが定説となっているようです。

五穀豊穣、無病息災、航海安全を祈願する琉球王朝政府の大々的な催しもので本島各地へ伝播し、

その後も漁師文化として途絶えることなく受け継がれています。

 

ハーリーでは沖縄の伝統的な小型の漁船「サバニ」が使用されます。漕ぎ手、舵取り、鉦打ちの約11~12名が乗船し、

時間を競い合います。一つの船に乗り込み、息の合ったリズムで漕ぎ進めて行く光景は力強く魅力的ですよ。

名護市漁港で行われたハーリーの写真を一緒にご紹介します。どうぞご覧下さい☆

 

 

◆名護市観光協会
所在地:沖縄県名護市大中1-19-24
TEL:0980-53-7755
URL:http://kanko.city.nago.okinawa.jp/

こんにちは。

今回は、沖縄本島の北部地域で見つけたシーサーをいくつかご紹介したいと思います。

シーサーとは、沖縄の方言で獅子のことを意味し、沖縄では家の守り神や魔除けとして

屋根や門柱に据え付ける習慣があります。最近では、縁起物としても飾られています。

シーサーの起源は、エジプトのスフィンクス像であるという説があり、14~15世紀にシルクロードから

中国を経て琉球 (沖縄) に伝えられたと考えられています。

左右のシーサー個々の役目は、口を開けた方が雌で 「福を招き入れる」、「魔を吸い込む」 とされ、

口を閉じた方の雄が 「福を逃がさない」、「魔を閉じ込める」 などの諸説があります。

シーサーにも様々な表情や形があり、見ていてとても楽しくなります。

それでは写真をどうぞご覧ください!!

皆さんも、観光施設をはじめ、民家の屋根の上や建物の入口に飾られている色んなシーサーを探してみてください☆

当ホテルの売店 (本館東館) でも、シーサーの置物を販売しておりますので、お土産にいかがでしょうか。

また、ホテル周辺には、シーサー作りが体験できる観光施設も在りますので、合わせてご紹介いたします。

 

◇ 沖縄シーサー作り体験工房 『 琉球窯 』

■ 所在地 : 沖縄県名護市為又472-5

■ 営業時間 : 10:00~17:00 (最終受付)

■ TEL : 0980-43-8660

■ URL : http://taiken-jp.net/ryukyu/

※ 当ホテルから車移動で約15分。屋内施設のため、雨の日でも楽しめます。

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

名護市役所のシーサー。 (2011年11月11日投稿)

 

 

こんにちは。

今回は、沖縄自動車道 (高速道路) に唯一あるサービスエリアの 『伊芸 (いげい) サービスエリア』 を

紹介します。

当ホテルの在る名護市 (許田IC) から那覇市 (那覇IC) までの間、総距離57.3kmから成る沖縄自動車道は、

1987年 (昭和62年) に全線開通されたのですが、それ以前は国道329号線のバイパスとして

1975年 (昭和50年) から有料道路 (石川~許田間) として供用されていました。伊芸サービスエリアは、

そんな有料道路の時代から既に開設されており、沖縄の道路整備の歴史と共に歩んできた場所と言えます。

※ 許田ICのある名護市の 「許田」 という地名は、「きょだ」 と読みます。

 

伊芸サービスエリアは、日本最南端にある高速道路のS.Aで、タコライスの街として有名な本島北部の

金武町 (きん ちょう) 内にあります。サービスエリアは、那覇方面の上り線と名護方面の下り線に

分かれており、各エリア内にある展望台 (物見台) やレストランの窓越しからは、金武湾を含めた

太平洋が一望でき、天気の良い日には、金武湾の先にある勝連半島 (かつれん はんとう) や

平安座島 (へんざ じま)、伊計島 (いけい じま) まで見ることができます。

サービスエリア内のレストランでは 「沖縄そば」 や 「豆腐チャンプルー」 などの沖縄のメニューがあり、

美しい景色を見ながら食事もできます。また、敷地内にあるパーラーでは、「ブルーシールアイス」 や

「ハンバーガー」 が販売されており、特に 『アグー焼肉バーガー』 はおススメです。

 

サービスエリアは、目的地へ行く途中の一時的な休憩場所として利用する場合が多いと思いますが、

最近では 「サービスエリアめぐり」 という言葉もあるくらいに、高速道路のサービスエリア自体が、本来の

休憩施設から 「休憩+楽しめる施設」 へ多様化している傾向も見られ、1つの観光スポット (目的地)

として紹介されている所もあるなど、地域観光の1拠点となっているケースも見られます。

伊芸サービスエリアも、地域色の強い沖縄らしさを感じられる場所となっていますので、沖縄自動車を使って

本島内を移動する際、是非立寄ってみてはいかがでしょうか。

 

■ 伊芸サービスエリア

・ 所在地 : 沖縄県金武町伊芸 1264 (伊芸SA上り線)

・ TEL : 098-968-3553 (沖縄道路サービス株式会社)

・ 上り線の情報 (名護→那覇) http://www.w-holdings.co.jp/sapa/2818.html

・ 下り線の情報 (那覇→名護) http://www.w-holdings.co.jp/sapa/2835.html

※ NEXCO西日本のSA・PA情報サイトより

 

★ ☆ ★ 関連記事 ★ ☆ ★

■  道の駅 許田 (やんばる物産センター)。 (2012年3月21日投稿)

■  『タコライス』 のはなし (2012年5月9日投稿)

■  名護バスターミナル。 (2012年7月5日投稿)